03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

台湾旅行8回目 2日目 平渓線 菁桐編

2012/07/25
ちんとん駅
さて~到着しましたよ~。
平渓線の終着駅、「菁桐」に。
ちんとん駅2
映画「台北に舞う雪」のロケ地です。
主演のチェン・ボーリン(陳 柏霖)の無防備な笑顔がたまらんのですよ。
女性だったらあの笑顔はやられると思うわ~。
で、ダーリンが乗り鉄したいっていうから、じゃ私は菁桐行きたいってことで
今回の平渓線プチ遠足とあいなったわけです。

日本統治時代の木造駅舎である菁桐駅も映画に出てきましたね~。
都会である台北市内との対比が際立っていてトン・ヤオの登場シーンが印象的でした。

苔むした屋根が又なんとも情緒的なんです。

遺構
昔、ここが炭鉱であった遺構が残されています。
今は静かな町ですが、昔は日本人集落もあり、炭鉱で栄えた賑やかな街だったようです。
駅を出たら、ロケ地を探すわよ~。
あ~、モウとメイがいた赤い橋発見!
情人橋っていうんだ~。へ~。(情人は恋人って意味です。)
でも、現在は通行禁止になっているって誰かのブログで情報収集済みなので
上から写真撮影(虫嫌いなので緑の中を突進する勇気はありませぬ)。
情人橋

映画の中に出てくるオシャレ~なカフェ。
駅のすぐ近くにあったはず…とさがしていると
キレイなお姉さん。撮影会みたい。
ちょっと盗み撮りしてみました。
足、長いよね~。
撮影会
この撮影会の後ろの、つたの絡まるチャペルで~♪じゃなくて
つたの絡まる建物の一部をカフェとして撮影していたよう。
もちろん、今はガランドウ。
残念…。

竹のお願い
モウが願掛けの竹を運ぶシーンがあったけれど、あの竹に願い事を書いてみたかったんだぁ。
あら、ダーリン。お母さんとご一緒でしたか?
ふふふ。違います。知らない台湾のおばさんです。
屋根のついたところ、あそこに書いた竹をぶらさげるんだよ。
背の低い私には届かないので、ダーリンが一生懸命つけてくれました~。

鶏捲き
ダーリン、TVで見て食べたかった念願の“鶏捲き”食べました。
私も少しもらったけど…
ちょっと…私は……。
鶏捲きというネーミングですが、中身は豚肉とタロイモで、
多分そのタロイモのねっとり感が何とも……でした。

のれん
“鶏捲き”屋さんの暖簾。
(日本語)惜しい!

ちんとん さよなら
来たかった菁桐でしたが
とても小さな町で、ロケ地も殆ど保存されてなくて
ロケ地であることさえどこにも書いてなくて
その部分ではとても残念でした。
(ロケ地ということだけなら、隣の平渓駅周辺の方がよかったかも)
でも、緑が深くて、ちょっと情緒的で…
ステキな町でした。
さぁ、菁桐を出発しましょう。

車内の飾り
帰りの平渓線車内。
車両の仕切り?が丸くて中国っぽい。
スポンサーサイト
15:32 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。