09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

台湾旅行9回目 リベンジ旅行 ~1日目昼食~

2012/12/02
荷物をほどいたら
さぁ、グルメの都
私の胃袋を満足させる都へ出陣いたしましょうか~。

と、張り切って行きたいところですが…
さっそく、寝不足と老眼による目の疲れ(爆)
そして、狭い機内のツケがまわってきました。

肩こりによる頭痛で爆発しそうです。
取り急ぎ頭痛薬を飲み、昼食をとる予定でしたが
いつものマッサージへ直行することにしました。
MRT(地下鉄)でお隣の駅(台湾では站と表記します)。
“行天宮”から歩いて3分。
「活泉足體養身世界」
マッサージ屋
ここのオーナーの林さんは日本人なので言葉の心配は一切なし。
と、言っても、マッサージ師さんは現地の方ですが…。

まずは、ご挨拶のあと、足湯で温めます。
何と林さん、昨日日本から帰国されたばかり。
そして、新宿駅の階段で落ちて身体の左側を脱臼してしまったそう。
そのまま帰国してお店で治療してもらっていると…。
ひゃ~、大丈夫ですか?
でも、家業がマッサージ屋さんで良かった~なんて話をしながら
私の症状を今日担当するマッサージ師さんに伝えてくれる。

グイグイと悪いところをマッサージしてもらい
そりゃ、よくないところとかよわっているところは痛い…。
でも、マッサージに合わせて深呼吸してやっていうちに
段々と頭の痛さは薄らいでいく…。
はぁ。

かなり楽になりました。
10%引きのクーポンを利用して、900元(2520円)。

視界良好。
身体も軽くなったので
ランチを食べにまいりましょう。
時間は、ちょうどお昼。

MRTでホテルのある“松江南京”に戻ります。

徒歩3分。
「梁家嘉義鶏肉飯」
店 嘉義鶏肉飯
以前にもひとり旅のときに来て気に入ったお店。
ただ、店構えは女子ひとり旅では入りずらいかも…。
そんなことお構いなしに店内に一歩。
店内は昼時とあっていっぱ~い。

まずは店先にあるおかずコーナーで欲しいおかずを指先注文。
そうすると、お兄さんが席に案内してくれて
ご飯とスープの注文を受けてくれます。

1.jpg
一番上が排骨酥湯(豚肉の骨付き肉をだしに筍が入ったスープ)。
時計まわりに、麩を甘辛く煮込んだもの(甘辛といっても極薄味です)。
看板商品、鶏肉飯。
ブロッコリー炒め。

ここは何を食べてもハズレなし。
本当、美味しい。

テーブルに置いてある唐辛子が入った香辛料を
相席のお兄さんを真似て鶏肉飯に入れてみる。
うっま~いっ!好吃!!(おいしい)
この豆板醤みたいなもの、持って帰りたかった。
ただし、入れ過ぎ注意。辛いです。(笑)
しめて、120元(336円)。
お腹いっぱ~い!
スポンサーサイト
17:26 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。