05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

台湾旅行 2日目①朝食

2011/10/20
朝だよ~。
低血圧で朝はめっきり弱い私ですが、旅行中は別人格に変身~するのだぁ。
ホテルの朝食プランは組んでないので朝食を食べに外出します。
本当は「阜杭豆漿」というお店に行きたかったんだけど、激混み人気店で、増してこの日は日曜日。地元民から観光客までわんさと訪れて大行列になっていると予想。
だったら、朝食後は観光なんかもしちゃいましょってことで、中正記念堂の裏側にある「盛園豆漿」にしました。
MRT「中正記念堂」からのんびり5分くらい歩くと駅名と同じ、中正記念堂の白い長い壁と青い大きな屋根が見えてきます。中正記念堂とは→台湾の初代総統・蒋介石を顕彰して1980年に竣工した施設です(受け売り)。
記念堂の壁
これが見えてくれば目的地は目の前。
横断歩道の向こうにボロ屋(あら、失礼)が…。今にも崩れそうなんですけど…。大丈夫なの?
お店はその横。
倒壊しそう

遠くからみると長屋なのかと思ったけど、一応別棟になっているみたいで少し安心。(本当に安心なのか?)
盛園豆漿
お店の前にたくさんのお客さんが並んでいるのが見えます。
時間はまだ、7時ころ。日曜だってのにみんな早起きねぇ。(私もか?)

作ってます
お店の前では、お粥に入れるのに有名な油條を生地から作って揚げてます。
その向こうに持ち帰りの列。
おばさんが注文を聞いて販売中。

私は店内で食べるのでおばさんに言って着席。
ほら、まだまだたくさん並んでる。
並ぶお客さん
店内は古いけど清潔です。

鹹豆漿
注文したのは鹹豆漿。
甘くない豆漿(日本の豆乳とは作り方が違うけれど、わかりやすく言うと豆乳)に酢と、あとは店によって中身は変わるらしいが、このお店は小エビとザーサイ、油條も入ってるかな?など色んなものが入っているお豆腐までは固まらないおぼろ豆腐の手前みたいなもの(ここのはあまり固まらない)。
どんぶりの向こう側に見える銀色の器の中に入っているラー油?を入れると味が引き締まっておいしいよ。
小ぶりなどんぶりに入っているので、食べ切れなかったっす。残すのが申し訳なくて頑張ったんだけど…。
ごめんね。

だんぴん
蛋餅。
卵焼きが甘くないクレープのような生地にくるくるっと巻かれたもの。
美味しいよ~。
お皿だって“いちばん”って言ってるし~。

他にも酥餅(パイ生地みたいなお饅頭みたいな?)とか厚餅夾蛋(炭火で焼いたパンみたいな中に卵焼きを挟んでいる)とか食べたかったんだけど、とても無理だったので退散しました。
もっと食いたかった…(無念…)。


こぼれ話…。
後から相席になったおばあちゃんとお孫さんの元に、温かい豆漿(油條入り)がトレーに入れられて運ばれてきました。
運んでる途中からじゃぶじゃぶと豆漿がこぼれてる。
あまり細かいことを気にしない台湾のかた。流石にこれは「こぼれすぎじゃない?」みたいなことをおばあちゃんが運んできた店員のおばさんに言っていたけど、何もなかったように店員のおばさんは戻っていった。
おばあちゃん、私を見て苦笑い。
まさしく、こぼれ話…。ナンチャッテ。
スポンサーサイト
11:59 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。